お気軽にお問い合わせください。

~効率の良いせどりで人生を楽しく過ごす~

FBA発送と自己発送はAmazonでせどりをする場合どちらが良いのか解説してみた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
大前です。人に喜ばれる自分に恥じないせどりを心がけ、今まで培ったせどりの知識で自由を掴むためのせどりコンサルタントをしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、大前です!

今日はFBAと自己発送はどちらが良いのか解説します!

大前

自己発送は自分で発送する事だろうなってわかるけどFBAってなに?

アリス

それじゃあFBAって何かを解説するね!

大前

うん!

アリス

 

この記事を書いている人 - WRITER -



大前です。人に喜ばれる自分に恥じないせどりを心がけ、今まで培ったせどりの知識で自由を掴むためのせどりコンサルタントをしています。

≪詳しいプロフィールはこちら

FBAとは

 

FBAとはフルフィルメントby Amazonの略です。

フルフィルメントとは注文を実際に行うことを指します。

直訳するとAmazonが注文を実際に行う事という意味です。

 

具体的にはAmazonが

  • 商品の販売
  • 商品の梱包
  • 商品の発送
  • FBAへ納品した商品の在庫管理
  • 顧客データ管理
  • 顧客対応(返品・クレーム等)
  • 決済

を一手に引き受けてくれるシステムが

フルフィルメントby Amazon通称FBAと呼ばれるものとなります。

 

凄い便利なシステム!

アリス

でしょ!これがAmazon販売を進める一番の理由だよ!

大前

じゃあ、ついでに聞くと自己発送は?

アリス

自己発送はさっきアリスが言ってた通り自分で発送する方法だね。

大前

 

Amazonの自己発送とは

 

FBAに対して自己発送とは、

文字通り自分が発送する方法ですが、

受注はAmazonが通常通りやってくれます。

 

自己発送ですることは、

  • 商品の在庫管理
  • 受注後の梱包・発送
  • 購入者への対応(クレーム・返品等)

です。

物販のネックともいわれる一番手間がかかる部分だね。

大前

その部分を代行してくれるFBAは本当凄いですよね!とても便利!

蓮子

そうだね!これを代行してくれるおかげで一人でも簡単に事業拡大が出来るんだよ!

大前

でも、FBAって手数料が高いって話を聞きましたが・・・

蓮子

確かに手数料はかかるけど、人を雇うことを考えれば安いものだよ!

大前

確かにそう考えると安いですね!

そういえば販売手数料やFBA手数料はいくらかかるんですか?

蓮子

オーケー!それじゃあ解説するね!

大前

よろしくお願いします!

蓮子

 

Amazon販売手数料及びFBA手数料

 

Amazonの販売手数料はまず

先ほども話した通り、

  • 大口出品なら4900円の月額固定費
  • 小口出品なら商品1点ごとに100円の成約料

がかかります。

 

それに加えて、商品カテゴリーによって販売手数料は

異なるので表にしてお伝えしますね。

 

 

商品カテゴリー

販売手数料
15%
CD・レコード 15%
ビデオ・DVD 15%
エレクトロニクス(AV機器&携帯電話) 8%
カメラ 8%
パソコン・周辺機器 8%
(エレクトロニクス・カメラ・パソコン)付属品 10%(500円以下は一律50円)
kindleアクセサリ 45%
楽器 8%
ドラッグストア 10%
ビューティー 10%(一部ブランド20%)
スポーツ&アウトドア 10%
カー&バイク用品 10%
おもちゃ&ホビー 10%
TVゲーム 15%(ゲーム機本体は8%)
PCソフト 15%
ペット用品 15%
文房具・オフィス用品 15%(電子辞書ならびに関連アクセサリー商品は8%)
ホーム(家具・インテリア・キッチン) 15%(浄水器・整水器及び生活家電は8%)
ホームプライアンス 10%
大型家電 8%
DIY・工具 15%
農業・研究開発用品 15%
食品&飲料 10%(ビール・発泡酒6.5%)
腕時計 15%(並行輸入品・逆輸入品6%)
ジュエリー 15%
ベビー&マタニティ 15%
服&ファッション小物 15%
シューズ&バッグ 15%
その他のカテゴリー 15%

※2018年10月現在

また、これに加えてメディア商品(本・ミュージック・ビデオ・DVD)はカテゴリー成約料という費用が別途かかります。

商品カテゴリー カテゴリー成約料
書籍 80円
ミュージック 140円
Blu-ray・DVD・VHS 140円

つまり、大口出品小口出品問わず、

メディア商品は商品代金の15%に加えて上記のカテゴリー成約料が1商品ごとに別途かかります。

うへぇ~結構かかる~

アリス

手数料は馬鹿に出来ないよ!

大前

こんなに手数料かかるのにAmazonが良いんですか?

蓮子

そうだね!確かに手数料は高いけどそれ以上Amazonで売ることはメリットが多いよ。

大前

そうなんですねー・・・。

そういえば、FBA出品と自己出品って結局どちらが良いですか?

蓮子

オーケーじゃあ話すね!

大前

よろしくお願いします!

蓮子

 

FBAと自己出品のメリット・デメリット

 

FBAのメリットとして全てをお任せ出来るという

大きなメリットがありますが、デメリットを挙げるとFBA手数料が高い。

特に売れずにFBA倉庫へ保管しておくと多大な保管手数料が取られます。

 

また、FBAはAmazonがすべて返品対応をする為、

どんな商品でも返品を取ってしまうというデメリットがあります。

そこを悪用して、商品のすり替え詐欺が起こる可能性は十分あります。

 

ですから、私のおすすめとしては両方を使うことをお勧めします。

使い方としては、

俺様価格にした、いつ売れるか分からない商品や、

詐欺にあっては困るプレミア商品などは

自己出品で送ることをお勧めします。

 

自己出品で送ることで、返品される商品のチェックが出来るので

詐欺に遭う可能性はとても少ないです。

それ以外は基本FBAで良いでしょう。

 

これは度々詐欺に遭うという話ではなく、

万が一を考えて行動しなければ高額商品が

万が一でも詐欺に合えば何をしているか分からなくなりますよね。

 

ですから、しっかりと確実に稼ぐためには

そういう配慮も必要なのです。

 

詐欺はダメだね本当に。出品者は心が折れる。

大前

遭ったことあるんですか?

蓮子

2度遭ったことがあるんだよ。1度目はAmazon保障で全額返金されたけど、2度目は1部分だけ付け替えられててすり替えが証明できなかった。

大前

詐欺は怖いですね。

蓮子

でも今言った様にプレミア商品は自己発送にすることで詐欺はほぼ無くせるから安心していいよ!

大前

そうなんですね!安心しました。

FBAと自己出品を上手く使い分けてやっていこうと思います!

蓮子

イイネ!

大前

 

FBA自己発送のまとめ

 

FBAは何と言っても手間がかからず便利ですので

FBAをメインに使う事をお勧めします。

 

ですが、本文でもお伝えした通り

FBAにはデメリットもありますから

そのデメリットをカバーするためにも

自己発送も取り入れて販売した方が良いですね!

 

頑張っていきましょう!

それでは。

 

理解できた?

大前

大丈夫だよ!FBAと自己出品で販売するんだね!

アリス

That’s right!!

大前

(なぜ英語??)

蓮子

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
大前です。人に喜ばれる自分に恥じないせどりを心がけ、今まで培ったせどりの知識で自由を掴むためのせどりコンサルタントをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください